冬場は、雨降りのお天道様もなんとも寒い!

当方が生活していくために、「水」はほんま重要な用途を以ていらっしゃる。
そのため、晴天の日ばっかり貫くのではなく、雨天の日がないと、生活に必要な飲料を確保することができませんね。

また、当方が食品としてお世話になることもある生き物や植物にとっても、とにかく、「水」は大切な付属だ。
殊更、米のもとになる稲をはじめ、自分で身動きできない植物にとりまして、多雨が降らないことは死活視点にもなりかねません。

その「多雨」ですが、夏の夕立のようにザ〜ッと降った後は、大地が冷やされて涼しく感じますが、冬の多雨は、体の芯が痛くなるほどの冷たさを感じます。
もちろん、スノーがたたきつける前に吹く独特も冷たく感じますが、スノーが降るという、日本晴れの日よりも温かく憶えるとの見解も聞かれます。

いずれにしても、寒い季節が苦手な人類にとっては、速く優しい時機が訪れてほしいものですね。

寒い季節は、暖房費もかさみますし、休止した路地をあるく結果、転倒して怪我するリスクも高まります。
それに、ソーラーパネルを導入して掛かる家庭では、自宅で使用する電気のサプライも期待できなくなるのですから・・・知らない間に出来てしまった脇の黒ずみを治し方とは?