自動車を選ぶときの「執念」にあたって

愛車を選ぶときの「執着心」は十人十色ですね。運転中に傷がなくて、無事走ってくれれば可能という人類がいる反面、ホイルの色つやや構想にまで、どしどし追求する人類もいる。

愛車の全体的な青写真として、置き場ばった物や丸っこいものがありますが、その時代によっても旬があるようです。ボクが乗っているのは、軽ワゴンの人気車種ですが、どちらかというと全体的に丸っこい青写真をしています。

その前に12〜13カテゴリー乗っていた軽自動車も、どうしても、丸っこい青写真でした。そのとき、流行していたのは置き場ばったものが多かった結果、取り換えをためらっていただけに、ニュータイプとして登場したときは「ビビッ!」と、あまり即決状態でした。因みに、その軽自動車はワゴンタイプではありませんが、屋根がおっきいことにも注目されていました。

ボクが選んだ2台の軽自動車は、以後、とも人気車種として注目されるようになっています。ボクは、ニューモデルで購入してジャンジャン乗っかるというスタイルを貫いている。そのため、下取りに有利に上るクラスやインテリアを意識する無用のですが、ふだんの使い勝手を考えるって、やっぱり、意識してしまうね。汗の原因は肥満にあるかも。太り気味の人は注意してください。